ナチュラルフード 伊勢 豆屋へのお電話でのお問い合わせ

現在のカゴの中のナチュラルフード

合計数量:0

商品金額:0円

カートの中を見る

ナチュラルフード検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ナチュラルフードなおいしい話

わが家のアボガド

三重県  カリフォルニア・ロール☆  さんのおいしいお話  (2009.01.16)

 3年前、息子がアボカドの種をもらってきて、小さな器に土を入れ、
水をやっていました。

何の期待もせずに、様子を見ていると数週間して芽が出てきたでは
ありませんか。

みるみる5cmくらいになり、慌てて庭に植え替えました。

その後も成長を続け、秋には30cmくらいの木となり、少し不安に
なってインターネットで「アボガドについて」調べてみると、南米に
多く3m位になるとのこと。不安と興味の入り交じった気持ちでしば
らく様子を見ることにしました。

 しかし、冬になると葉も落ち、寒さのため木の先端も枯れて残った茎は10cm位になってしまい、寒い所では
だめなんだとあきらめておりました。

ところが、春になると生き残っていた茎から新芽が出てきて、次の冬には1mまで成長。

昨年のことを教訓に、ビニールで囲いをして越冬させ、今では幹の太さが5cmほどになっています。

ここまでくると、成長が早く一気に大木になりそうで、剪定の仕方など全く知識がありませんが、我流で頻繁に枝を切っています。

そんな素人の切り方でもとても生命力が強く、次々と新芽を出しとても不細工な格好になってしまっていますが、木の形は関係ありません。きっと実がなると信じ、花(?)が咲くのを心待ちにしています。

美味しいお話の投稿、ありがとうございました。  カリフォルニア・ロール☆さん、投稿ありがとうございます。私も毎年収穫の時期になると、小さな小さな苗がこんなにも大きくなって、と生命の強さを感じます。アボガドとは驚きですが、素敵な実がなるといいですね。

おいしいお話の一覧に戻る